スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遺言書文例 息子の妻に介護の世話をしてもらっている場合の遺言書の例


  遺言書

第1条 遺言者は、次の財産を、亡き長男 甲野小太郎の妻 甲野なつき(昭和52年5月5日生)に遺贈する。
株式会社ゼット銀行千代田支店 総合口座通帳 普通預金 口座番号 1234567のうち、600万円

第2条 遺言者は、次の財産を、亡き長男 甲野小太郎の子 甲野孫太郎(平成15年5月5日生)に相続させる。
株式会社ゼット銀行千代田支店 総合口座通帳 普通預金 口座番号 1234567のうち、200万円

第3条 遺言者は、次の財産を、次男 甲野小次郎 (昭和50年5月5日生)に相続させる。
株式会社ゼット銀行千代田支店 総合口座通帳 普通預金 口座番号 1234567のうち、200万円

第4条 遺言者は、次の財産を、長女 丙野翔子 (昭和55年5月5日生)に相続させる。
株式会社ゼット銀行千代田支店 総合口座通帳 普通預金 口座番号 1234567のうち、200万円

第5条 遺言者は、祖先の祭祀を主宰すべき者として、亡き長男 甲野小太郎の妻 甲野なつきに指定する。

第6条 その他、当遺言書に記載のない一切の財産は亡き長男 甲野小太郎の子 甲野孫太郎に相続させる。

第7条 遺言者は、この遺言の遺言執行者として次の者を指定する。

     東京都千代田区九段南1-2-1
     行政書士 乙野太郎

第8条 遺言執行者に対する報酬は、遺言者がこの遺言について遺言執行者との間で取り決めた金50万円を支払うものとする。


付言 亡き長男 甲野小太郎の妻 甲野なつきさんは、実の娘ではないにもかかわらず、献身的に私の介護をしてくれました。そのお礼として、多めに財産を遺贈したいと思います。どうか母の気持ちを汲み取ってください。


平成○○年7月1日

住所 東京都千代田区九段南1-2-1
 
遺言者  甲野花子 印



<ここがポイント>

・息子の妻は相続人にならないため、「遺贈する」という形になる。

・なお、養子縁組した場合には、他の兄弟と同様に、相続人になるため、「相続させる」と記載することになる。

・この例では、一つの銀行預金を現金で分ける形になっているが、ちょうどよい金額があるケースは少ないと思います。その場合、残りの現金を誰が相続するのかを明確にしておくことが大切です。
この例では、「その他、当遺言書に記載のない一切の財産は亡き長男 甲野小太郎の子 甲野孫太郎に相続させる。」として甲野孫太郎に帰属することが明記されています。

・できれば遺言執行者を指定しておくべき。遺言執行者は自分より若い行政書士や弁護士を選ぶようにしたい。


スポンサーサイト
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。