スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不動産の相続手続き


不動産の相続手続きは、法務局で行います。

具体的には、「相続による所有権移転登記申請」を行うことになります。

よく、「登記名義人表示変更登記」を行えばよいと勘違いしている方がいますが、登記名義人表示変更登記は、所有者の苗字が変わったり住所が変わった場合に変更の届出をするための登記です。



相続では、所有者が別の人に移ったと考えるので、「所有権移転」の登記を行わなければなりません。

相続による所有権移転登記申請については、法務局のサイトに解説がありますから、それを参考にしながら、自分でやることもできます。


もしも、法務局のホームページだけで、理解できないということでしたら、司法書士さんに依頼するようにしましょう。


司法書士に依頼する場合は・・・

<必要書類を集めよう>

最低限、以下のものを確保しておきます。

1、被相続人の生まれてから死亡までの戸籍謄本
2、遺産分割協議書or遺言書(遺言書は、検認まで済ませておく!)
3、相続人全員の戸籍謄本
4、相続人全員の住民票

以上のものがそろったら、司法書士事務所などに連絡して依頼しましょう。


<固定資産税はどうするの?>

固定資産税は、毎年1月1日現在で市区町村内に固定資産を有している人に対して、その年度分の固定資産税が課税されます。

前所有者が亡くなられた年の12月31日まで法務局で相続登記を手続きを済ませぱ、翌年度から固定資産税の納税義務者が自動的に変わります。

相続登記を行うまでは、税務課から、固定資産税相続人代表者指定届が郵送されてきますから、相続人の中から、翌年度以降固定資産税を納める人を記入して返送しましょう。
固定資産税相続人代表者指定書により指定された方が納税義務を継承することになります。
遺産分割協議で、相続する人が決まっていれば、当然その人の名前を固定資産税相続人代表者指定書に記載することになります。




スポンサーサイト
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。