スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戸籍謄本と戸籍抄本は違うのですか?


戸籍を取るようにといわれたような場合は、戸籍謄本なのか戸籍抄本でいいのか?
わからなくて迷ってしまうこともあると思います。

戸籍謄本と戸籍抄本は、違うものです。

戸籍謄本とは、
戸籍に載っている人全部を戸籍原本から写したもの

一方、戸籍抄本は、
戸籍に載っている人のうち、必要な人のものだけを戸籍原本から写したもの

のことを言います。


では、どっちを取ったらいいのか?

パスポートの申請などでは、戸籍抄本でも大丈夫ですが、相続などでは、戸籍謄本が必要になります。

考え方は、

自分が誰であるかを証明するために必要なら戸籍抄本で十分。

自分と家族・親族の関係を証明する際には、戸籍謄本が必要になるということです。


どっちを取ったらいいかわからないときは、戸籍謄本を取ってしまえば問題ありません。

手数料は、戸籍謄本も戸籍抄本も450円と全く同じですから、戸籍抄本だから安くなるというわけでもありませんしね。


ちなみに、戸籍といわれるものには他にもこんなものがあります。

除籍謄本
戸籍のうち、その戸籍内の全員が死亡や失踪宣告、婚姻、離婚、養子縁組、分籍、転籍などによって除かれたものについて、戸籍簿から除いて別に綴ったもの。相続の手続きで必要になります。

改正原戸籍
戸籍法の改正に伴い、戸籍が書き換えられる前の戸籍のこと。同じく、相続の手続きで必要になります。
これからの相続手続きであれば…
・1994年の戸籍事務のコンピュータ化前の戸籍
・1948年(昭和23年式戸籍) の戸籍になる前の戸籍
等が一般的な改正原戸籍として必要になります。



この記事で参考にした戸籍法関係の書籍一覧

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。