スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戸籍謄本は、本人じゃなくても取得できるのでしょうか?


戸籍謄本を取りたいけど、平日は時間がない。だから、他の人に代わりにとってきてもらおう。とか、遠方で本籍地の戸籍が取れないから、近くの親戚にお願いしたいということがあると思います。

戸籍謄本は重要な書類だし、誰でも取得できるものではないはず・・・
でも、役所の人は形式的なことしか調べないから、誰でも取得できちゃうんじゃないかと思うかもしれません。

結論から言いますと、

・本人又は同一戸籍にある人
・委任状を受けた代理人

しか、戸籍謄本は取得できないことになっています。

<参考>
戸籍法 第十条  戸籍に記載されている者(その戸籍から除かれた者(その者に係る全部の記載が市町村長の過誤によつてされたものであつて、当該記載が第二十四条第二項の規定によつて訂正された場合におけるその者を除く。)を含む。)又はその配偶者、直系尊属若しくは直系卑属は、その戸籍の謄本若しくは抄本又は戸籍に記載した事項に関する証明書(以下「戸籍謄本等」という。)の交付の請求をすることができる。
○2  市町村長は、前項の請求が不当な目的によることが明らかなときは、これを拒むことができる。
○3  第一項の請求をしようとする者は、郵便その他の法務省令で定める方法により、戸籍謄本等の送付を求めることができる。

そして、本人であることを確認するために運転免許証などの証明書類の提出が要求されるのが一般的になっています。
家族や知り合いなどの他人が取得する場合には、委任状が必要になります。
委任状の書式については、それぞれの市区町村役場のホームページに掲載されていることがありますから、参考にしてみるとよいでしょう。

<参考>
戸籍法 第十条の三  第十条第一項又は前条第一項から第五項までの請求をする場合において、現に請求の任に当たつている者は、市町村長に対し、運転免許証を提示する方法その他の法務省令で定める方法により、当該請求の任に当たつている者を特定するために必要な氏名その他の法務省令で定める事項を明らかにしなければならない。
○2  前項の場合において、現に請求の任に当たつている者が、当該請求をする者(前条第二項の請求にあつては、当該請求の任に当たる権限を有する職員。以下この項及び次条において「請求者」という。)の代理人であるときその他請求者と異なる者であるときは、当該請求の任に当たつている者は、市町村長に対し、法務省令で定める方法により、請求者の依頼又は法令の規定により当該請求の任に当たるものであることを明らかにする書面を提供しなければならない。

例外として、弁護士や行政書士などの士業の方が、職務上必要なときに限り、職権で戸籍謄本等を取得できることになっています。


なお、現在では、身分証明書のコピーと、発行に必要な手数料さえ同封すれば、郵便でも戸籍謄本を取得できることになっていますから、平日は時間がないという方や遠方で取りにいくのが大変という方は、利用してみるとよいでしょう。
ほとんどの市町村役場では、ホームページ上に、取得に必要な請求書の書式や必要な手数料の払い方など書かれていますから、参考にしてみるとよいでしょう。

この記事で参考にした戸籍法関係の書籍一覧

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。