スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

姓名判断してもらったら大凶でした。改名したいのですが。

一般の方にとっては、改名する機会というのは、婚姻のときに夫婦の一方の姓に改めるときぐらいしかないと思います。
しかし、中には、いろいろな都合で婚姻のとき以外でも改名することもあるようです。

例えば、
・姓名判断の結果が芳しくなく、今の名前を名乗り続けるのがいや。
・偶然に犯罪者と同姓同名となり迷惑を被っている。
・珍名が恥ずかしい。
・専ら本名以外の名を使用しており本名よりもそちらの方が知られている。
・僧侶になるため名前を変える。
・異性に間違えられるのがいや。
・家に代々伝わる世襲名を名乗るため。
・婚姻や養子縁組によって姓を改名した結果配偶者や姻族・養家族と同姓同名になってしまう。

などの理由で改名しようとする方もいらっしゃるようです。

改名することは簡単なことではありません。

改名の申請は、申立人の住所地を管轄する家庭裁判所に、「名の変更許可申立書」を提出することにより行いますが、その際には、名を変更する正当な事由があることを証明できるような資料を添付しなければなりません。


<参考>
戸籍法 第十五節 氏名の変更
第百七条  やむを得ない事由によつて氏を変更しようとするときは、戸籍の筆頭に記載した者及びその配偶者は、家庭裁判所の許可を得て、その旨を届け出なければならない。
○2  外国人と婚姻をした者がその氏を配偶者の称している氏に変更しようとするときは、その者は、その婚姻の日から六箇月以内に限り、家庭裁判所の許可を得ないで、その旨を届け出ることができる。
○3  前項の規定によつて氏を変更した者が離婚、婚姻の取消し又は配偶者の死亡の日以後にその氏を変更の際に称していた氏に変更しようとするときは、その者は、その日から三箇月以内に限り、家庭裁判所の許可を得ないで、その旨を届け出ることができる。
○4  第一項の規定は、父又は母が外国人である者(戸籍の筆頭に記載した者又はその配偶者を除く。)でその氏をその父又は母の称している氏に変更しようとするものに準用する。

第百七条の二  正当な事由によつて名を変更しようとする者は、家庭裁判所の許可を得て、その旨を届け出なければならない。


例えば、「専ら本名以外の名を使用しており本名よりもそちらの方が知られている。」という理由で改名を申し立てる場合には、その通称が記載されている年賀状や手紙などが該当します。

また、改名する理由については、「正当な事由」がなければならないとされており、単に気分的に変えたいからというのでは認められない場合がほとんどです。

特に、姓名判断の結果が芳しくないので改名したいというのは「正当な事由」として認められていません。

簡単に改名できるようになると「今の名前に飽きた」などと好き勝手に何回でも改名をしようとする人が増えて、社会的混乱の原因になるからです。

どうしても改名したいのであれば、一番手っ取り早いのは、芸能人のように本名とは別に通称を名乗って、表札から手紙から名刺まで、なんでも、通称の方が通じるようにしてしまうことです。
そして、その状態が何年も続くようにしてしまえば、正式な改名をすることは不可能ではありません。

この記事で参考にした戸籍法関係の書籍一覧
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。