スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実印の文字に決まりはあるの?


印鑑登録の際に登録する印鑑は、ハンコ屋さんなどで、作った実印を利用する方がほとんどだと思います。
たまに、三文判のような印鑑を利用する方もいらっしゃるようですが、はっきり言って、危ないですから、ちゃんとした実印を作ってから登録した方がよいでしょう。

印鑑登録する際は、未婚の場合ですと、ちゃんとした実印を作ってしまってよいのか迷うこともあると思います。
未婚のときに姓と名の入った印鑑を登録してしまうと、結婚して姓が変わってしまうと、その実印は利用できなくなってしまいます。

特に、女性の場合は、結婚により、姓が変わることが多いと思いますから、若いときに、姓と名の入った印鑑を登録してしまうのはためらわれる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そんなときは、名だけで作られた印鑑を作って登録することもできます。

例えば、「山田花子」という名前であれば、「花子」とだけ書かれた実印を作って印鑑登録することができます。
そうすれば、「田中一郎」という方と結婚して、「田中花子」となったとしても、その実印を印鑑登録して使い続けることができます。

また、結婚するまでは、姓と名の入った実印は作らないというのも一つの手といえます。
例えば、銀行用に、「山田」と書かれた印鑑を一つだけ作成しておいて、銀行だけでなく、実印としても利用するというのでもよいかもしれません。
男性の場合でも、婿さんに行って、姓がわかってしまうこともないとはいえませんから、未婚のうちは、姓だけの銀行用の印鑑を印鑑登録しておくのもよいでしょう。


一般的には、印鑑登録する際の実印の文字は、

・姓だけ
・姓+名

のいずれかであることが多いようですが、姓が長くて、姓+名とすると、印鑑には収まりきらないような長い名前の方もいらっしゃると思います。

そんなときは、姓の頭文字に名の頭文字だけを取って、作られたものでも、印鑑登録することができます。

「田中一郎」であれば、

「田一」と彫られた実印を作って印鑑登録してもかまわないとされています。


逆に、下の文字を彫ることはできません。

「田中一郎」であれば、

「中郎」と彫られた印鑑は印鑑登録できません。

そのほか、ひらがなやカタカナにしたり、ローマ字にしたりして彫られたものも印鑑登録することはできません。

例えば、
「田中一郎」という名前なのに

「田中いちろう」とか「田中イチロ-」のような文字で印鑑を登録することはてぎません。

また、
「Tanaka Itiro」のようにローマ字の印鑑を登録することもできないということです。

これ以外にも、市区町村によって、決まりがありますから、特殊な実印を考えているのでしたら、作る前に市区町村に「こういう実印を作るけど、登録できますか?」と確認しておいた方がよいですよ。


検索フォーム
最新記事
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。