スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

印鑑登録は未成年者でもできるのですか?


成人したら、実印を買って、印鑑登録しておけと親に言われた方もいらっしゃるかもしれません。

実印を使う契約を交わすときは、確かに重要な財産を処分するようなときがほとんどですから、大人としての責任も伴うものです。

そのためか、実印を持つことは、大人になったことの証とも考えている方もいらっしゃるようです。

しかし、実は、印鑑登録は、未成年者でもすることができます。

一般的には、15歳以上であれば、印鑑登録をすることができます。

15歳以上になれば、独り立ちして働き始める方もいますし、アパートやマンションなどに一人暮らしを始める方もいないわけではないので、印鑑証明が必要になる場面も出てくるためではないかと思います。

18歳以上になれば、大学などに通うために一人暮らしする方もいますから、アパートやマンションなどの契約で印鑑証明が必要になるため、登録しに来るという方も多いようです。

なお、15歳以上とはいえ、未成年者の場合には、簡単に印鑑登録できるとは限らないので、それぞれの市区町村で確認しておく必要があります。

例えば、印鑑登録するためには、親権者の同意書などが必要であるとしていることもあります。



検索フォーム
最新記事
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。