スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

印鑑証明用の印鑑はどんな印鑑でもいいのですか?


印鑑証明用の印鑑については、基本的に何でもよいというわけではありません。
一応、決まりはあります。
ただ、法律によって、何センチでなければならないと定められているわけではなく、登録しようとしている印鑑で印鑑登録できるかどうかというのは、各市区町村によって違ってきます。

例えば、三文判を印鑑登録する場合。
前に住んでいた市の市役所では、三文判でも印鑑登録できたのに、引越し先の市役所では、印鑑登録ができなかったというようなこともあると思います。
同じ印鑑登録のはずなのに、どうして、扱いが違うのだろうと、疑問に思うことがあるかもしれません。


実は、個人の印鑑登録は市区町村の自治事務とされていて、各市区町村が自主的に条例を定めて、印鑑の登録事項について決めています。

ですから、登録できる印鑑について、どのような制限があるのか?ということは、その市区町村の印鑑登録条例等を見なければわからないのが現状です。

三文判でもよいとしている市区町村もあれば、三文判はだめとしている市区町村もあるのはそのためです。

ただ、おおむねの傾向としては以下のようなことはいえるようです。

登録できない印鑑。
・印影が鮮明でないもの
・ゴム印などの変形しやすいもの
・三文判のような大量生産品
・印影の大きさが8ミリメートル~25ミリメートルに収まらないもの
・印鑑の外枠のないもの

一般的には、ハンコ屋さんなどで、実印用の印鑑を作れば、印鑑登録はできるはずです。

今は、実印用のものであっても、比較的安い価格で購入できますから、ハンコ屋さんなどで、作ったものを登録した方がいいですよ。


検索フォーム
最新記事
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。