スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住民基本台帳カード(住基カード)って何に使うの?


今では、市区町村役所に行けば、住民基本台帳カード(住基カード)というものを発行してもらうことができます。



この住民基本台帳カード(住基カード)はいったい何に使うのでしょうか?

今後、使い道は増えていくと思いますが、一番の使い道としては、運転免許証に代わる身分証明書として使えるということです。
運転免許証を持っていないという方ならば何かと便利になると思います。
最近では、65歳以上の高齢者を対象にして、運転免許証を返納すれば、住基カードを無料で交付するという自治体も出てきています。

また、引越しが多いという方にとっては、転居届の手続きが多少楽になるというメリットがあります。
さらに、確定申告をする際に、e-Taxを利用できるというメリットがあります。

現在のところ、メリットとしてはそれくらいです。

ただ、身分証明書としての役割を果たせるという点については、運転免許がない方にとっては、大変ありがたいものですから、それだけでも、取得しておく価値はあります。

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。