スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住民基本台帳カード(住基カード)があると確定申告をする際に、e-Taxを利用できる


今では、市区町村役所に行けば、住民基本台帳カード(住基カード)というものを発行してもらうことができます。



住民基本台帳カード(住基カード)があると確定申告をする際に、e-Taxを利用できるというメリットがあります。

e-Taxとは、インターネット上で確定申告を済ませてしまうことができるシステムです。

e-Taxを利用するためには、本人が確定申告をしていることを確認するために、公的個人認証サービス対応ICカードというものを使うことになります。
パソコンに、ICカードリーダーを接続して、公的個人認証サービス対応ICカードをかざすことで、本人確認を行うわけです。

公的個人認証サービス対応ICカードの一つとして利用できるのが、住民基本台帳カード(住基カード)です。

e-Taxを利用すると、わずかながら、所得税の控除(電子証明書等特別控除)を受けることができます。
具体的には、所得税の確定申告書の提出を、納税者本人の電子署名及び電子証明書を付して、その年分の確定申告期限までに、e-Taxを利用して行う場合、平成19年分から平成22年分のいずれかの年分で1回、所得税額から最高5,000円(その年分の所得税額を限度とします。)の税額控除を受けることができるものです。

最高5,000円ですから、ICカードリーダー購入費用分だけ控除される程度ですが、確定申告の紙に手書きする必要がない分、控除以上の楽ちんさを実感できるのではないでしょうか。

ただ、事前の準備がややこしく、ICカードリーダーも購入しなければなりませんから、必ずしも、手軽に確定申告できるとはいいがたいです。
参考までに、使えるICカードリーダー一覧をまとめておきます。

使えるICカードリーダー一覧

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。