スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

離婚協議書の雛形、例


離婚協議書の簡単な見本を紹介しておきます。あくまでも、簡単な作成例に過ぎません。離婚の知識がないまま、このテンプレートをそのまま利用することはお勧めできません。
あくまでも、こんな感じに書くのかという参考にして、本当に書く場合には、専門家に相談されることをおすすめします。


                離 婚 協 議 書

第1条 甲野花子(以下「甲」という。)と甲野太郎(以下「乙」という。)は、本日協議離婚することに合意し、その届出を乙は甲に委託した。甲は速やかに離婚届出を行い、離婚届受理証明書を乙に交付するものとする。

第2条 当事者間の長女春子(平成○○年○月○日生)の親権者を母である甲と定め、今後同人において監護する。

第3条 乙は甲に対し、上記未成年者の養育費として、平成○○年○月から未成年者が満20歳に達する月まで、一ヶ月金○万円の支払義務があることを認め、これを毎月末日限り、甲名義の○○銀行○○支店普通預金口座(番号○○○○)に振り込む方法により支払う。

2.甲乙は、上記に定めるほか、未成年者に関し、入学や入院等、特別な費用を要する場合は、双方協議して分担額を定める。

第4条 乙は、子の福祉を害しない範囲で、甲の承諾を得て、子と面接することができる。

第5条 乙は甲に対し、本件離婚に伴う慰謝料として金○○万円の支払義務があることを認め、これを平成○○年○月1日限り、第3条記載の甲名義の預金口座に振り込む方法により支払う。

2.乙において、上記支払いを遅滞したときは、乙は甲に対し、上記金員のほか、平成○○年○月から支払済みに至るまで残額に対する年一割の割合による遅延損害金を支払う。

第6条 乙は甲に対し、下記土地建物につき、財産分与を原因とする所有権移転登記手続きをする。登記手続費用は甲の負担とする。

           記

不動産の表示

(省略)

第7条 甲乙は、本件離婚に際し、以上を持って円満に解決したことを確認し、上記各条項の他名義の如何を問わず金銭その他の請求を相互にしない。


平成○○年○月○日

甲の住所・署名押印

乙の住所・署名押印



検索フォーム
最新記事
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。