スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先祖のことを知りたいのですが何代先まで戸籍謄本を取り寄せられますか?


戸籍謄本は、80年間保存されています。
今からですと、おおむね、明治半ばごろからの戸籍謄本ならば残っているということになります。
ただ、80年経ったからといって、すぐに廃棄されるわけではないので、もっと古い戸籍も残っているところもあるかもしけれません。
この点については、地域によって、扱いが違うので、なんともいえません。

戸籍の変遷は以下のとおりになっています。

1872年(明治5年式戸籍) 壬申戸籍
戸籍の編成単位は「戸」、本籍は住所地であり、身分とともに住所の登録を行ったことから、現在の住民票の役割も担っていました。
壬申戸籍には、皇族、華族、士族、卒族、郷士、旧神官、僧、尼、平民等の身分が記載されているため、自分の先祖がどの出自であるかを知ることができます。
また、当時の職業や給料さらには、犯罪歴までも記載されています。
先祖のルーツを探りたい方にとっては、垂涎の的といえるかもしれませんが、残念ながら、現在では、閲覧することができません。(公式見解では廃棄されたことになっています。)
ちなみに、最近、情報公開法に基づき、公開請求した事例もありましたが、却下されています。おそらく、今後も、閲覧することは難しいでしょう。

1886年(明治19年式戸籍)
本籍地は住所のままだが、住所が屋敷番から地番に変更。 除籍制度が設けられた。
現在、閲覧できる最古の戸籍です。この戸籍も、廃棄されつつあります。

1898年(明治31年式戸籍)
家を基本単位とする戸籍制度が開始。戸籍簿とは別に身分登記簿を設けた。

1915年(大正4年式戸籍)
身分登記簿が煩雑であったため廃止し、戸籍簿に一本化。

1948年(昭和23年式戸籍)
現行の戸籍制度。家を基本単位とする戸籍から、夫婦を基本単位とする戸籍に変更され、「戸主」を廃止して「筆頭者」に変更。また「華族」や「平民」などの身分事項の記載は廃止された。

1994年
戸籍事務のコンピュータ化。コンピュータで戸籍を管理するようになる。


この記事で参考にした戸籍法関係の書籍一覧
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。