スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

離婚給付契約公正証書の手数料の例

目的の価格 手数料
100万円まで 5,000円
200万円まで 7,000円
500万円まで 11,000円
1,000万円まで 17,000円
3,000万円まで 23,000円
5,000万円まで 29,000円
1億円まで 43,000円
3億円まで 5,000万円ごとに13,000円加算
10億円まで 5,000万円ごとに11,000円加算
10億円超 5,000万円ごとに8,000円加算


年金分割合意は、独立した法律行為となり、手数料は定額で11,000円です。

正本・謄本等は、1枚250円です。(通常約3,000円程度)


離婚給付契約公正証書の手数料の例

3歳と4歳の子がそれぞれ20歳になるまで、毎月子一人あたり金4万円の養育費を支払い、別に慰謝料として400万円を支払う旨の公正証書を作成する場合

17,000円+11,000円+約3,000円(正本・謄本代)=約31,000円


子どもがいない夫婦で、慰謝料として288万円を支払う旨の公正証書を作成する場合

11,000円+1,000円(正本代)+1,000円(謄本代)=約13,000円

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。