スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熟年離婚

近年、中高齢者の離婚件数が増加しています。
いわゆる、「熟年離婚」です。

しかし、離婚した後の夫婦それぞれの年金受給額に大きな開きがあるという問題が、以前から指摘されていました。

例えば、サラリーマンの夫と専業主婦であった妻が、高齢になって離婚した場合。
支給される厚生年金はすべて夫のものです。妻は、わずかばかりの国民年金しかもらえません。
また、女性には雇用の機会が少なく、また正社員やパートとして働き厚生年金を納めていたとしても、男女間で賃金格差があることが多かったため、受給できる年金の額が十分でないという状況がありました。

わずかな年金しか受け取れなくなるために、離婚したくてもできない女性は少なくありませんでした。

しかし、妻が専業主婦であった場合でも、家事・育児など内助の功があったために夫が安心して働けて厚生年金を納付できたわけです。ですから、夫婦共同で年金を納付したことになるという考え方が提唱されるようになりました。


そこで、年金分割制度が取り入れられ、さかのぼって婚姻した日から離婚日までの年金保険料納付分を分割できるようになりました。
年金分割することで、妻は自分の受け取り分として、厚生年金を受け取ることができるようになるというわけです。
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。