スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

離婚時の年金分割の手続き


・年金分割按分割合の合意

離婚によって年金を分割する場合は、まず夫婦間で年金分割の按分割合について協議します。
そして、夫婦双方が年金分割の按分割合について、合意をする必要があります。
年金分割の割合は、上限50%です。


※夫婦間で年金分割の按分割合を合意できない場合は

離婚をする当事者間(夫婦間)で、年金分割の按分割合について合意がまとまらない場合もあり得ます。その時は、夫または妻一方の求めにより、裁判手続きによって年金分割の按分割合を定めることができます。


・年金分割改定の請求

当事者間における合意、または裁判手続により年金分割の按分割合を定めたとしても、それだけでは厚生年金の分割は行われません。
年金分割を受けるためには、年金分割の按分割合について夫婦で合意ができたら、社会保険庁に年金分割改定の請求を行う必要があります。
手続きをする場所は、請求する方の現住所を管轄する社会保険事務所です。


<年金分割の請求手続きと必要書類>

年金分割請求の際に必要になるものは

・年金手帳、国民年金手帳又は基礎年金番号通知書
・婚姻期間等を明らかにすることができる戸籍謄本或いは抄本
・事実婚関係の場合はその期間を明らかにすることができる住民票
・年金分割按分割合を定めた書類(公正証書、裁判により決めた場合は判決書謄本等)
です。


※公正証書などの年金分割按分割合を定めた書類がない場合には、

社会保険事務所に備え付けてある「年金分割請求をすること及び請求すべき按分割合について合意している旨を記載し、かつ、当事者自らが署名した書類」でもかまいません。

弁護士等の解説を見ていると、如何にも、「公正証書」を作ったり、「裁判をやらなければならない」ようなことが書かれていたりしますが、そんなことはないので、だまされないようにしてください。


・年金分割請求手続きは離婚後2年以内に

年金分割請求手続きは離婚後2年以内に行わなければなりません。離婚成立後、2年が経過すると、年金分割改訂の請求はできなくなります。
忘れずに、離婚成立後2年以内に請求手続きを行うよう注意しましょう。



検索フォーム
最新記事
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。