スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本籍はどこでもいいのですか?


本籍地は、現在の住所地やあなたの両親や祖父母などの先祖が住んでいる場所に置かれているのが一般的です。
しかし、引越しが多い方の中には、ぜんぜん関係ないような場所に本籍をおいているようなこともあるかもしれません。
本籍地は、どこに置かなければならないという決まりはありません。

日本国内でしたらどこにでも本籍をおくことができます。

自分が現在住んでいる場所でなくても、思い入れのある場所を本籍地にしたってかまわないわけです。
例えば、結婚の際に、新しく本籍地を決めるわけですが、初めてプロポーズした場所を本籍にしたってかまいませんし、初めて出会った場所を本籍にしたってかまいません。

あるいは、有名人が住んでいる場所にして、親戚気分になるのもかまいませんし、近くの城跡を本籍にして、城主気分に浸るのもかまいません。

一般の方でも、千代田区役所だとか皇居に本籍があるという方もいます。

ただし、戸籍謄本は、何度か取り寄せることもありますから、あまりに遠方の戸籍では、不便になります。

ですから、一番無難で、かつ、いろいろと詮索されにくいのは、現在の住所地を本籍として届け出ることです。


<参考条文>

第十六節 転籍及び就籍
第百八条  転籍をしようとするときは、新本籍を届書に記載して、戸籍の筆頭に記載した者及びその配偶者が、その旨を届け出なければならない。
○2  他の市町村に転籍をする場合には、戸籍の謄本を届書に添附しなければならない。
第百九条  転籍の届出は、転籍地でこれをすることができる。
第百十条  本籍を有しない者は、家庭裁判所の許可を得て、許可の日から十日以内に就籍の届出をしなければならない。
○2  届書には、第十三条に掲げる事項の外、就籍許可の年月日を記載しなければならない。
第百十一条  前条の規定は、確定判決によつて就籍の届出をすべき場合にこれを準用する。この場合には、判決の謄本を届書に添附しなければならない。
第百十二条  就籍の届出は、就籍地でこれをすることができる。

第十三節 分籍
第百条  分籍をしようとする者は、その旨を届け出なければならない。
○2  他の市町村に新本籍を定める場合には、戸籍の謄本を届書に添附しなければならない。
第百一条  前条第二項の場合には、分籍の届出は、分籍地でこれをすることができる。


この記事で参考にした戸籍法関係の書籍一覧
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。