スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供の戸籍と姓


子供の戸籍と姓は、離婚前と同じです。両親の離婚による影響を受けません。

婚姻中に父親の姓を名乗っていたとすれば、離婚後も、子供は父親の姓のままです。親権者が母親であり、子供と同居していたとしても、自動的に母親の姓を名乗れるわけではありません。

ただし、母親と姓が違うことで支障をきたすということでしたら、家庭裁判所に申立てて、子供の戸籍と姓を変更することができます。


子供が15歳以上の場合は、本人の意思により戸籍と姓の変更の許可を申し立てることができます。

但し、15歳未満の場合は、親権者でなければ手続きを行えません。 親権者ではない監護者の母親と同居をしていても、親権者の父親が手続きに応じなければ、子供の戸籍と姓を変更することはできません。


<子の氏の変更申立の手続>

1 概要
子が,父又は母と氏を異にする場合には,その子は,家庭裁判所の許可を得て,父又は母の氏を称することができます。

2 申立人
子(子が15歳未満のときはその法定代理人が子を代理します。)

3 申立先
子の住所地の家庭裁判所

4 申立てに必要な費用
子1人につき収入印紙800円
連絡用の郵便切手(申立てされる家庭裁判所へ確認してください。)

5 申立てに必要な書類
申立書1通  (子の氏の変更許可申立書.pdf)
子及び父又は母の戸籍謄本各1通



<子が成人したら>

また、同居した親の戸籍と姓に変更した後でも、子供が成人し、旧姓に戻ることを希望すれば、本人の意思で戸籍と姓を選択することができます。
届け出は、20歳から21歳になるまでの1年以内に市区町村役場に行わなければなりません。



検索フォーム
最新記事
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。