スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遺言書文例 子供のいない夫婦が書くべき遺言書の例

  遺言書


第1条 遺言者は、遺言者の有する一切の財産を、妻甲野花子(昭和21年5月5日生)に相続させる。

第2条 遺言者は、遺言者の死亡以前に妻甲野花子が死亡したときは、遺言者の有する一切の財産を、次の者に包括して遺贈する。

   本籍 東京都千代田区九段南1番地
   住所 東京都千代田区九段南1-2-1

   受遺者 甲野翔子
        昭和60年5月5日生

第3条 遺言者は、祖先の祭祀を主宰すべき者として、第1条の場合は妻甲野花子を、第2条の場合は受遺者甲野翔子をそれぞれに指定する。

第4条 遺言者は、この遺言の遺言執行者として次の者を指定する。

     東京都千代田区九段南1-2-1
     行政書士 乙野太郎

第5条 遺言執行者に対する報酬は、遺言者がこの遺言について遺言執行者との間で取り決めた金50万円を支払うものとする。



平成○○年7月1日

住所 東京都千代田区九段南1-2-1
 
遺言者  甲野次郎 印



<ここがポイント>

・一切を相続させる場合には、財産を細かく記載する必要はない。

・夫婦が同世代の場合は、どちらが先に亡くなるか分からないので、なくなった場合のことも考えて、予備的遺言を入れる。
この文例では、昭和60年5月5日生の甲野翔子という姪に遺贈するという設定になっている。

・できれば遺言執行者を指定しておくべき。遺言執行者は自分より若い行政書士や弁護士を選ぶようにしたい。


検索フォーム
最新記事
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。