スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遺言書文例 子供たちの仲が悪い場合に書くべき遺言書の例

  遺言書


第1条 遺言者は、遺言者の有する一切の財産を、三男 甲野小三太(昭和60年5月5日生)に相続させる。

第2条 長男 甲野小太郎に対しては、その居住する東京都中央区の分譲マンションを購入する際に、金1000万円を贈与したので、相続分はないものとする。

第3条 次男 甲野小次郎に対しては、その居住する東京都中野区の分譲マンションを購入する際に、金1000万円を贈与したので、相続分はないものとする。

第4条 遺言者は、祖先の祭祀を主宰すべき者として、甲野小三太に指定する。

第5条 遺言者は、この遺言の遺言執行者として次の者を指定する。

     東京都千代田区九段南1-2-1
     行政書士 乙野太郎

第5条 遺言執行者に対する報酬は、遺言者がこの遺言について遺言執行者との間で取り決めた金50万円を支払うものとする。

付言 この遺言で、甲野小三太にのみ、相続させることとしたのは、父の生前、毎月仕送りを欠かさず、最期まで面倒を見てくれたからです。それに対して、父は、なんら小三太に報いてやることがなかったため、財産のすべてを相続させることとしました。

父の最後の願いはお前たち兄弟が仲良くすることです。
小太郎へ・・・
小次郎へ・・・
小三太へ・・・

父はお前たちの親になれてとっても幸せでした。ありがとう。




平成○○年7月1日

住所 東京都千代田区九段南1-2-1
 
遺言者  甲野太郎 印



<ここがポイント>

・一切を相続させる場合には、財産を細かく記載する必要はない。

・共同相続人の中に、生前贈与などの特別受益を得た者がある場合は、その特別受益も相続分に入れて相続財産とみなすことができます。具体的な金額等まで記載しておくことで遺留分の請求を防ぐようにするとよいでしょう。

・遺言と関係なしに、子どもにメッセージを残したいならば付言という形で書き残すこともできます。

・できれば公正証書遺言で作成するようにしたいものです。

・できれば遺言執行者を指定しておくべき。遺言執行者は自分より若い行政書士や弁護士を選ぶようにしたい。


検索フォーム
最新記事
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。