スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遺言書文例 農業や個人事業を経営している人が書くべき遺言書の例


   遺言書


第1条 遺言者は、次の財産を、長女丙野はるかの夫丙野太郎(昭和50年5月5日生)に遺贈する。

土地
 所在 東京都千代田区九段南
 地番 1番1
 地目 宅地
 地積 200.34平方メートル

建物
 所在 上記同所3番地
 家屋番号 ○○番
 種類 居宅
 構造 木造瓦葺2階建
 床面積  1階 100.58平方メートル
       2階 68.58平方メートル


第2条 遺言者は、次の財産を、長男甲野小太郎(昭和49年5月5日生)に相続させる。
株式会社ゼット銀行千代田支店 総合口座通帳 普通預金 口座番号 1234567の全額

第3条 遺言者は、次の財産を、次男甲野小次郎(昭和51年5月5日生)に相続させる。
株式会社ネット銀行千代田支店 総合口座通帳 普通預金 口座番号 1234567の全額

第4条 遺言者は、次の財産を、長女丙野はるか(昭和55年5月5日生)に相続させる。
株式会社郵貯銀行千代田支店 総合口座通帳 普通預金 口座番号 1234567の全額

第5条 遺言者は、祖先の祭祀を主宰すべき者として、長男甲野小太郎に指定する。

第6条 その他、当遺言書に記載のない一切の財産は長男甲野小太郎に相続させる。

第7条 遺言者は、この遺言の遺言執行者として次の者を指定する。

     東京都千代田区九段南1-2-1
     行政書士 乙野太郎

第8条 遺言執行者に対する報酬は、遺言者がこの遺言について遺言執行者との間で取り決めた金50万円を支払うものとする。


付言 生前に話してあるとおり、家業の工務店は、長女丙野はるかの夫丙野太郎くんに継がせることとします。そのため、工務店経営に必要な家屋兼事務所については、丙野太郎くんに遺贈することとしました。家業を大いに発展させてくれることを願っています。


平成○○年7月1日

住所 東京都千代田区九段南1-2-1
 
遺言者  甲野三郎 印



<ここがポイント>

・財産を細かく指定する場合は、具体的に記載すること。

・土地・建物については、登記や固定資産税 納税通知書等を見ながら、正確に記載するようにしましょう。

・また、銀行預金・郵便貯金については、口座番号まで正確に書いて特定できるようにします。銀行の人が分かるように書きましょう。

・銀行預金・郵便貯金が一つしかない場合は、相続人ごとに金額を指定して、分割することもできますが、できれば、生前に、銀行口座を相続人の数だけ作って、平等に分けておくことが望ましいです。

・できれば遺言執行者を指定しておくべき。遺言執行者は自分より若い行政書士や弁護士を選ぶようにしたい。


検索フォーム
最新記事
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。