スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相続人の確定


相続手続きを開始するに当たって、最初に行うことは、相続人を確定することです。

当事者であれば、相続人が誰かは分かりきっていることだと思います。

しかし、被相続人が結婚や離婚を繰り返しており、他にも子どもがいる可能性がある場合は要注意です。一度も会ったことがなくとも、先妻(夫)との間に生まれた子どもも相続人になります。
今の戸籍には掲載されていなくても、昔の戸籍を調べると、知らない子どもの名前が出てくるということもあります。

相続人の確定を行うために必要なことは、戸籍謄本の取り寄せです。

今の戸籍だけでは十分ではありません。

「被相続人が生まれてから死亡するまでの戸籍」が必要になります。

この戸籍は、100%先妻(夫)等はおらず、隠し子がいるわけがないと分かっている場合でも、集めなければなりません。


当事者は分かっていても、他の人は、本当にそんなのかは分からないからです。

例えば、法務局で不動産登記の相続登記をするにしても、法務局の役人は、申請に来た人が本当に相続人なのか、ほかに相続人はいないのかどうか分かりません。

銀行の窓口のお姉さんだって、名義書き換えの手続きに来た人が本当に相続人なのか、ほかに相続人はいないのかどうか見ただけで分かるわけがありません。

免許証を提示したとしても、来た人の証明にはなりますが、相続人であることの証明にはなりません。

口だけで、「私が相続人ですよ。」といわれたところで、本当に信用していいかどうか判断できないのです。口だけで、勝手に名義を変えられてしまうなら怖いですよね。

そこで、確実に他に相続人がいないということを証明するために、「被相続人が生まれてから死亡するまでの戸籍」が必要になるわけです。



検索フォーム
最新記事
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。