スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相続財産の確定


相続人が確定したら次に、相続財産を確定する作業を行います。

生前に準備している方であれば、どこにどれだけの財産があるのかは家族に伝えてあると思いますが、念のため、整理してみるようにしましょう。

・土地
・建物
・銀行預金、郵便貯金
・株式、証券
・価値のある美術品
など、漏れのないように整理していきます。

できれば、目録のようなものを作るといいでしょう。遺産分割協議書に添付できるように丁寧にまとめるといいと思います。



<遺産の整理で気をつけたいこと>

1、借金の有無の確認。

第一に考えたいことは、借金がないかどうかの確認です。督促状だとか、借用書だとか、金銭消費貸借契約書などがないかどうかよく確認しましょう。

遺産よりも借金の方が多いようであれば、早めに相続放棄の手続きをとることを考えましょう。


2、へそくり等の隠し財産の有無

へそくり等があることも無きにしも非ず。しっかりと、部屋の中を整理して、へそくりがないかどうか確かめましょう。たまに、数百万もの貯金が入った通帳が見つかったりすることもあるかもしれません。
本人も忘れているということもあるかもしれません。

額の裏、書棚の裏、本の中、小物入れの中など・・・、隅から隅まで調べるようにしましょう。


3、もしも遺産分割の後で財産が見つかったら・・・

遺産分割のときは、見つからなかったけど、後で探したら、見つかったという場合、また、遺産分割しなければならないのでしょうか?

あまりに多額の金額であれば、もう一度分け合うのが望ましいかもしれません。小額であれば、見つけた人がもらってしまってもよいかもしれません。

ただ、こうした事態に備えて、遺産分割協議書には、

「その他、当遺産分割協議書に記載のない一切の財産は○○が取得する。」

という文言を入れておくことが望ましいです。

こうすることで、誰がもらうかで揉めることはなくなるはずです。






検索フォーム
最新記事
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。