スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銀行預金・郵便預金の相続手続き


<生活費の確保>

銀行預金・郵便預金は、名義人が死亡した場合は、口座が凍結されて、相続手続きが完了するまで、誰も引き出せなくなります。

銀行預金・郵便預金の相続手続きは、他の財産に比べても、迅速に行うことが求められます。
生活費を引き出すのにも必要ですし、入院費や葬儀代などの出費が重なるので、お金が必要になることも多いと思います。

ただし・・・

基本的に、銀行や郵便局は、窓口で、「この人が亡くなりました。」と言わない限り、被相続人の口座を凍結することはありません。

生活費などで、お金が必要だということでしたら、相続手続きをする前に必要な現金はおろしておくようにしましょう。

おおむね、1か月は、銀行口座が使えないものと考えて、現金を手元においておくようにしましょう。


<必要書類を集めよう>

生活費を確保したら次に、書類を集めることです。
最低限、以下のものを確保しておきます。

1、被相続人の生まれてから死亡までの戸籍謄本
2、遺産分割協議書or遺言書(遺言書は、検認まで済ませておく!)
3、相続人の戸籍謄本
4、本人確認書類

以上のものがそろったら、預金通帳等を持って、銀行に行きます。


<銀行預金の相続手続き>

上記の書類を持った上で、銀行に行き、「相続手続きをしたい。」といいましょう。
どの窓口か分からなかったら、カウンターの周りをうろちょろしている銀行員さんに聞くとよいでしょう。

窓口では、「相続手続き・・・」と言ったとたんに

「口座の凍結を行います!」

と言われますが、あわてないようにしましょう。

凍結の作業が終わると、相続に必要な書類を出してくれます。手続きの方法を教えてくれますから、よく話を聞きましょう。
うまくいけば、その日のうちに、書類は書き上げられるはずですから、2、3週間程度で、相続手続きが完了するはずです。


<郵便貯金の相続手続き>

郵便貯金の相続手続きについては、ゆうちょ銀行のホームページに記載されていますから、それにしたがって手続きを行ってください。



検索フォーム
最新記事
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。