スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遺言書文例 相続人になる人に行方不明者がいる場合の遺言書の例


   遺言書


第1条 遺言者は、遺言者の有する一切の財産を、長男乙野太郎(昭和50年5月5日生)に相続させる。

第2条 遺言者は、祖先の祭祀を主宰すべき者として、長男乙野太郎に指定する。

第3条 遺言者は、この遺言の遺言執行者として次の者を指定する。

     東京都千代田区九段南1-2-1
     行政書士 丙野翔子

第4条 遺言執行者に対する報酬は、遺言者がこの遺言について遺言執行者との間で取り決めた金50万円を支払うものとする。

付言 母にとって気がかりなことは長女乙野はるなの行方が知れないことです。この遺言では、一切の財産を長男乙野太郎に相続させましたが、母は、はるなのことを思わない日はありませんでした。母ははるなをうらんでなんていません。どこかで生きていて幸せであればそれだけでよいのです。




平成○○年7月1日

住所 東京都千代田区九段南1-2-1
 
遺言者 乙野まつ 印



<ここがポイント>

・一切を相続させる場合には、財産を細かく記載する必要はない。

・遺言と関係なしに、子どもにメッセージを残したいならば付言という形で書き残すこともできます。

・できれば遺言執行者を指定しておくべき。遺言執行者は自分より若い行政書士や弁護士を選ぶようにしたい。


遺言書文例 子供たちの仲が悪い場合に書くべき遺言書の例

  遺言書


第1条 遺言者は、遺言者の有する一切の財産を、三男 甲野小三太(昭和60年5月5日生)に相続させる。

第2条 長男 甲野小太郎に対しては、その居住する東京都中央区の分譲マンションを購入する際に、金1000万円を贈与したので、相続分はないものとする。

第3条 次男 甲野小次郎に対しては、その居住する東京都中野区の分譲マンションを購入する際に、金1000万円を贈与したので、相続分はないものとする。

第4条 遺言者は、祖先の祭祀を主宰すべき者として、甲野小三太に指定する。

第5条 遺言者は、この遺言の遺言執行者として次の者を指定する。

     東京都千代田区九段南1-2-1
     行政書士 乙野太郎

第5条 遺言執行者に対する報酬は、遺言者がこの遺言について遺言執行者との間で取り決めた金50万円を支払うものとする。

付言 この遺言で、甲野小三太にのみ、相続させることとしたのは、父の生前、毎月仕送りを欠かさず、最期まで面倒を見てくれたからです。それに対して、父は、なんら小三太に報いてやることがなかったため、財産のすべてを相続させることとしました。

父の最後の願いはお前たち兄弟が仲良くすることです。
小太郎へ・・・
小次郎へ・・・
小三太へ・・・

父はお前たちの親になれてとっても幸せでした。ありがとう。




平成○○年7月1日

住所 東京都千代田区九段南1-2-1
 
遺言者  甲野太郎 印



<ここがポイント>

・一切を相続させる場合には、財産を細かく記載する必要はない。

・共同相続人の中に、生前贈与などの特別受益を得た者がある場合は、その特別受益も相続分に入れて相続財産とみなすことができます。具体的な金額等まで記載しておくことで遺留分の請求を防ぐようにするとよいでしょう。

・遺言と関係なしに、子どもにメッセージを残したいならば付言という形で書き残すこともできます。

・できれば公正証書遺言で作成するようにしたいものです。

・できれば遺言執行者を指定しておくべき。遺言執行者は自分より若い行政書士や弁護士を選ぶようにしたい。


遺言書文例 子供のいない夫婦が書くべき遺言書の例

  遺言書


第1条 遺言者は、遺言者の有する一切の財産を、妻甲野花子(昭和21年5月5日生)に相続させる。

第2条 遺言者は、遺言者の死亡以前に妻甲野花子が死亡したときは、遺言者の有する一切の財産を、次の者に包括して遺贈する。

   本籍 東京都千代田区九段南1番地
   住所 東京都千代田区九段南1-2-1

   受遺者 甲野翔子
        昭和60年5月5日生

第3条 遺言者は、祖先の祭祀を主宰すべき者として、第1条の場合は妻甲野花子を、第2条の場合は受遺者甲野翔子をそれぞれに指定する。

第4条 遺言者は、この遺言の遺言執行者として次の者を指定する。

     東京都千代田区九段南1-2-1
     行政書士 乙野太郎

第5条 遺言執行者に対する報酬は、遺言者がこの遺言について遺言執行者との間で取り決めた金50万円を支払うものとする。



平成○○年7月1日

住所 東京都千代田区九段南1-2-1
 
遺言者  甲野次郎 印



<ここがポイント>

・一切を相続させる場合には、財産を細かく記載する必要はない。

・夫婦が同世代の場合は、どちらが先に亡くなるか分からないので、なくなった場合のことも考えて、予備的遺言を入れる。
この文例では、昭和60年5月5日生の甲野翔子という姪に遺贈するという設定になっている。

・できれば遺言執行者を指定しておくべき。遺言執行者は自分より若い行政書士や弁護士を選ぶようにしたい。


秘密証書遺言に基づき相続手続きするには


<秘密証書遺言に基づき相続手続きするには>

秘密証書遺言はそのままでは利用できません。家庭裁判所において検認の手続きを行わなければなりません。検認なしでは相続登記、預貯金等の名義書換えの際に利用できません。

裁判所のホームページより
 遺言書(公正証書による遺言を除く。)の保管者又はこれを発見した相続人は,遺言者の死亡を知った後,遅滞なく遺言書を家庭裁判所に提出して,その「検認」を請求しなければなりません。また,封印のある遺言書は,家庭裁判所で相続人等の立会いの上開封しなければならないことになっています。
 検認とは,相続人に対し遺言の存在及びその内容を知らせるとともに,遺言書の形状,加除訂正の状態,日付,署名など検認の日現在における遺言書の内容を明確にして遺言書の偽造・変造を防止するための手続です。遺言の有効・無効を判断する手続ではありません。

<検認の手順>

1、検認の申立てに必要な書類を揃える。

申立てに必要な書類とは
・申立書1通(家庭裁判所でもらってください。) ※参考 家事審判申立書.pdf 当事者目録.pdf
・申立人、相続人全員の戸籍謄本各1通
・遺言者の戸籍(除籍,改製原戸籍)(出生時から死亡までのすべての戸籍謄本)各1通
・遺言書の写し(遺言書が開封されている場合)
※事案によっては,このほかの資料の提出を求められることもあります。

申立てに必要な費用
遺言書(封書の場合は封書)1通につき収入印紙800円
連絡用の郵便切手(申立てされる家庭裁判所へ確認してください。)

2、1を持って、遺言者の最後の住所地の家庭裁判所の窓口に行き、検認の手続きをしてほしいと伝え、窓口に1を預ける。

3、後日、原則、裁判所から検認日の通知が送達されます。原則として検認日に、相続人が全員で出席するのが望ましいです。遠方で無理なら、出席しなくても不利になることはありません。

4、検認の実施。検認期日に相続人の立会いのもとに検認が行われ、その結果が検認調書に記載されます。
遺言書は、検認後、申請により遺言書原本に、検認済証明書を契印して申立人に返還されます。
相続人又は受遺者は検認済みの遺言書を使って相続登記、預貯金等の名義書換えをすることができるようになります。

5、検認済の通知。検認に立ち会わなかった申立人、相続人、受遺者等にその旨が通知されます。


<検認ってめんどくさい!>

検認の手続きは結構時間がかかります。その間は、相続登記、預貯金等の名義書換えができなくなってしまいます。
相続登記は、緊急ではないにしても、預貯金等の名義書換えが終わらないと、生活費すら引き出せなくなりますから、大変です。

検認の制度を利用したくないのならば、方法は二つあります。

1、遺言者に、秘密証書遺言ではなく公正証書遺言を作っておいてもらう。

2、秘密証書遺言にしたがって、相続人全員で遺産分割協議書を作成し、秘密証書遺言は破棄する。(本当は違法ですが。)

遺言を書くのならば、できる限り、公正証書遺言を利用されることをお薦めします。



秘密証書遺言


秘密証書遺言は、遺言書の本文は、ワープロでもかまいませんが、遺言書への署名についてのみ、遺言者が自書で行い、遺言者が公証人及び証人に対して、封書に封入した証書(遺言書)が自己の遺言書であるという申述を行うことで、作成できる遺言です。

一般的な方法ではありませんが、自分が死ぬまで、相続人などに遺言書の内容を知られたくない場合などに利用されることがあります。そうすることで、生前のトラブルを防ぐということです。

自筆証書遺言と同じく、文案をチェックする方がいないため、作成する方が法律知識を有していることが前提になります。

公証人を呼ばなければならないのですから、余裕があるのならば、公正証書遺言の方がお薦めです。


<作成方法>

1、文案を考える
現在の資産(不動産、預貯金、国債、株など)を整理して、誰に相続させるか、メモにまとめましょう。
相続方法を確定したら、文例集を参考にして、下書きを書いてみましょう。

2、清書する
下書きを基にして、正式な遺言書を書く。ワープロや代筆でもかまわない。

3、署名・押印
日付を入れて、自分の名前を自著し、印鑑を押す。印鑑は実印が良いが、認印でも構わない。

4、訂正があれば
訂正箇所があれば、全て書き直すのが一番です。訂正方法が間違っていれば、無効な遺言書となってしまいますから。

5、封印
封筒に入れて、封印をする。

6、証人二人を探す
知人や親戚でもよいでしょう。行政書士等の専門家であれば、守秘義務があるため、他人に遺言の内容を知られることはありません。誰もいなければ、公証役場に相談すると、探してくれることもあります。

7、公証役場へ連絡して予約する
近くの公証役場へ連絡して公正証書遺言の作成日時を予約しましょう。たいていの公証役場は、即日対応してくれるわけではなく予約が必要です。

8、秘密証書遺言の完成
秘密証書遺言を入れた封書を公証人に提出する。遺言者、証人二人はそれぞれ、本人であることを確認できる免許証等を持参します。公証人、遺言者、証人二人がそれぞれ署名し押印します。

9、作成費用(11,000円)を、公証役場へ支払う。
証人にもお礼を忘れないようにしましょう。専門家の場合は報酬も支払いましょう。


<メリット・デメリット>

メリット
・比較的簡単な方法である。
・自著できない場合は利用できる。

デメリット
・公証役場に支払う手数料がかかる。
・証人探しとかが面倒。証人の報酬もかかる。
・法的に効力のある文章であるかどうかがわからない。公証人は中身を見ないので別の専門家にチェックしてもらう必要がある。
・必ず、遺言書どおりに相続手続きがなされるとは限らない。もしかしたら、無視されるかもしれない。
・遺言書どおりに相続する場合は、家庭裁判所で検認の手続きをしなければならず、相続人に手間をかける。



検索フォーム
最新記事
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。