スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旧住所地の役所で引っ越し先を調べられたくなければ


住民票を異動した場合、旧住所地役所で引っ越し先を調べられるのかという質問をいただくことがあります。

引越しなどによって、住民票を異動させるときは、引越し前に住んでいた市区町村役場に転出届を提出して、新しい住所の市区町村役場に転入届を提出することになります。

転出届は、各市区町村役場の用紙によって、書く内容が違います。おおむねは同じですが、世帯主や本籍地を書くなど細かい部分に差があります。

おおむね、以下のことを記載することになります。

・今までの住所と世帯主氏名
・新しい住所と世帯主氏名(一人暮らしなら、自分の名前を書きます)
・異動年月日 引越した日、または予定日
・引越する人の氏名と生年月日
・引越する人の本籍と戸籍の筆頭者
・申請者
・連絡先電話番号

新しい住所先も書かなければならないので、調べようと思えば、どこに引っ越したかということはすぐにばれてしまうということです。

また、転出した後は、旧住所地役所には、5年間、除住民票という形で、住民票が保存されます。
除住民票には、どこに転出したのかということが記載されています。
ですから、誰かが、あなたに成りすまして、除住民票を取得してしまえば、新しい住所が分かってしまうということです。

誰かに追われていたり、特別な事情があって、引越し先を知られたくないということでしたら、姑息な手段ですが一つだけ方法はあります。


それは、転出届の際に、新しい住所には、全く関係のない住所地を記載しておくということです。
もちろん、架空の住所では、すぐにばれますから、ちゃんと地図で調べて、存在する住所を記載するようにします。市役所では、新しい住所に確認したりするようなことはしませんから、転出証明は出ます。

新しい住所地の役所では、新しい住所の記載が違っているということが突っ込まれることもあるかもしれませんが、「予定が変わった。」とでも言っておけば、それ以上、追求しようとはしないはずです。

あまり、好ましい手段ではありませんし、完璧とはいいがたいですが、旧住所地の役所で引っ越し先を調べられたくなければ、試してみる価値はあります。

ただし自己責任で。




この記事で参考にした住民基本台帳法関係の書籍一覧

引越ししても住民票を移さないとどうなるのですか?前の住居は別荘として使っているのですが


最近では、家を複数持っているという方も珍しくありません。
特に団塊の世代の方であれば、古い家はそのままにしておいて、新しい家に引っ越す。
そして、たまに用事があるときだけ、古い家に帰ってくることがあるという生活をしている方もいらっしゃると思います。

そんなとき問題になるのが住民票をどうしたらいいのかということだと思います。

まず、住民票は何のためにあるのかということを知っておきましょう。

一般の方であれば、住民票は、パスポートの申請だとか、何らかの手続きの際に必要になるものというイメージがあると思います。

同時に、住民票は、役所でも利用することがあります。

例えば、役所からの郵便物を送付する場合。
税金関係だとか保険関係の種類だとか、選挙の投票用紙だとかが送られてくると思いますが、それらの書類は、すべて、住民票を基にしています。

ですから、住民票を移していない場合は、古い住所に大切な書類が届くことになりますから、注意しなければなりません。

そんなときは、

「郵便局に転送のお願いをして置けばいいんだよね?」

と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、

「役所からの書類については、転送することはできない」

ことになっています。

たとえ、転送の届出を郵便局に出していても、役所からの書類は杓子定規に、古い住所に届けられ続けることになります。


ですから、引越しをして家が二軒あるのであれば、主に住んでいるところに、住民票を移動しておくようにしましょう。




この記事で参考にした住民基本台帳法関係の書籍一覧

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。