スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

印鑑登録証(カード)をなくしてしまったらどうしたら良いのか?


印鑑登録が終わると、印鑑登録証というカードが発行されます。

印鑑登録証は、印鑑証明書をもらう際に必要になるものです。

印鑑証明書が必要なときは、市役所などで

・印鑑登録証

・身分証明書などを提示すること

で、印鑑証明書を発行してもらうことができます。

実印は持っていく必要はありません。


さて、問題は、印鑑登録証(カード)をなくしてしまったらどうしたら良いのかということですね。

実印をなくしていないのであれば、本人が実印を持って窓口に行けば、発行してもらえるんじゃないの?

と思うかもしれません。

しかし・・・

印鑑登録証(カード)がなければ、例え、実印を持っていても、印鑑証明書は、発行してもらうことができません。
もちろん、本人であるとして、運転免許証のような身分証明書で確実に本人確認できる場合も発行してもらうことができないのです。

そんなときは、現在の印鑑登録を廃止して、新たに、印鑑登録して、印鑑登録証(カード)を作ってもらうしかありません。

印鑑登録証(カード)自体が、実印と同じくらい大切なものになるということです。

普段はめったに使わないと思いますので、金庫などに保管しておくようにしましょう。


実印をなくしてしまったらどうしたら良いのか?


印鑑登録が終わると、印鑑登録証というカードが発行されます。

印鑑登録証は、印鑑証明書をもらう際に必要になるものです。

印鑑証明書が必要なときは、市役所などで

・印鑑登録証

・身分証明書などを提示すること

で、印鑑証明書を発行してもらうことができます。

実印は持っていく必要はありません。

前回は、印鑑登録証が亡くなってしまったらどうしたらという話でした。今回は、逆に、実印の方が亡くなってしまったらどうしたら良いのかという話です。

実印をなくしてしまったと気がついたら・・・

さあ大変です!

下手すれば、誰がが勝手に、実印を使って、土地や建物を売り飛ばしてしまったり、知らないところで、高級な車とかを買われてしまっていて、代金の支払いの請求が来ないとも限りません。

恐ろしいことですよね…

でも、安心してください。

印鑑登録証というカードがなければ、印鑑証明書は取ることができません。印鑑証明書がなければ、重要な契約はできないはずです。

まずは、印鑑登録証が手元にあるかどうかを確認しましょう。

もしもあれば、印鑑登録証と身分証明書などを持って、市役所等に行きます。
そして、印鑑登録の廃止をお願いすれば、即日、実印の印鑑登録は廃止されます。

印鑑登録証がない場合はなおさら急いで、身分証明書などを持って、市役所に行き、印鑑登録の廃止をお願いするようにしましょう。

夫婦が同じ実印で印鑑登録できますか?


印鑑登録用に実印を作ることが大切なのはわかったけど、実印を何個も作るのは面倒だから、一つの実印を夫婦で共有するようにしたい。

と思う方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、同じ実印を印鑑登録することはできません。
例え、夫婦でも、同じ実印で印鑑登録してしまうことはできません。


実印を押すときは、一人一人の意思表示をあらわすときです。

例えば、不動産の売買契約であれば、不動産を買う売るという意思表示を示すために、実印を利用することになります。

その際、夫婦が同じ実印を利用していたとすれば、夫婦のどちらが不動産を買う売るという意思表示をしているのかが不明確になってしまいます。

それでは、実印の意味がありません。

ですから、実印は一人一人、別のものを持っていなければならず、例え、夫婦であっても、同じものを共有することはできないということです。


検索フォーム
最新記事
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。